以前の記事

40年ぶりに相続法が改正されます。

40年ぶりに相続法が改正され、2019年1月13日から段階的に施行が開始します。

・民法(相続関係)改正法の施行期日は以下の通りです。

(1) 自筆証書遺言の方式を緩和する方策     2019年1月13日

(2) 原則的な施行期日                 2019年7月 1日

(遺産分割前の預貯金の払い戻し制度,慰留分制度の見直し,相続の効力等に関する見直し,
特別の寄与等の(1)・(3)以外の規定)

(3)配偶者居住権及び配偶者短期居住権の新設等 2020年4月 1日

2019年1月13日より施行開始されるのは「自筆証書遺言の方式を緩和する方策」です。

全文の自書を要求している現行の自筆証書遺言の方式を緩和し,自筆証書遺言に添付する財産目録については、自書でなくてもよいものとなります。ただし,財産目録の各頁に署名押印することを要します。 

下記も合わせてご覧下さい↓↓

               

事務局
(20190111)

Comments are closed.